生きとし生けるモノ

潰瘍性大腸炎や毒親、氷河期を経て40年以上生きてきた感想を自分の言葉でかいています。

落ち込む経済と独身女と

いやはや、えらい時代になりました。

自分で生きるのに精いっぱいなのにコロナウイルスやらズタボロ政治。
私、氷河期真っただ中、学歴なし、配偶者なし、頼れる親もなし。
加えて労働問題あり…。なんだこれって感じの人生です。

それでも生きなくてはならない。加えて愛しのお猫様に何の苦労もさせてはならない。
という2大使命をまっとうすべく奮闘しております。

生き続けるかぎりこれは続くのです。

誰かに頼る人生はやめよう


独身を長く続けていると老いるごとに、頑なになっていきます。つらくてどうしようもない時が数多くある。
どうしたらいいんだろう。誰か助けてよ。こんなに苦しいんだよ。うずくまって動けなくなる。そんな日が40数年続きました(長!)。その中で出した答えが頼ることでした。

親族に頼る それぞれの生活で精いっぱい。だから言えない。

友人に頼る いない(笑)

恋人を作る 人間苦手

仕事人間になる 就活するも連敗

こんな時に口ずさむのが

何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなの嫌だ 
何が君の幸せ 何をして喜ぶ
解らないまま終る そんなの嫌だ    
 By やなせたかし

 

そして号泣するのです。
溶けたスライムのようにめそめそ泣いて、泣いていても仕方ないだからと必死に自分を奮い立たせ、TwitterYouTube、ブログにむしゃぶりついてヒントを探しました。

私は就職にこだわっていました。だってまともな所に入ったことが無いんだもの。しかも世の中の半分は正社員なんだもの。頑張ればなれるって思うじゃない。
でも私を誰も必要としてくれないんですよ。なぜ?なぜ私を必要としてくれないの?!こんなに頑張ってるじゃない!家事も仕事も節約だってできるのに!家賃と光熱費除いて今月は4万で生きてきたのよ!すごいでしょ!あ!訴えがずれたわね。
なぜあなたは私を必要としてくれないの?!ひどいわ!そうね!私がBBAだからででしょ!でももう若くはなれないの、いっぱい尽くすし、BBAなりのテクだってあるのよ。だから私を必要として!

ああぁぁなんて悲しい。私… わ… あれ?
捨てられかけた女が相手に追いすがってるだけじゃね?って。気づいちゃったんですよ(笑)

私は基本的に誰にも相談せずにすべて決めます。(相談する人がいない…)あれだけ人に頼るの嫌だって思っていたのに、就職したいっていうのも結局企業に頼ろうとしてるんじゃないの?って思うようになりました。

よし!企業だ!そう思い立って一時就活を辞めました。
あと何年生きるのかわからないのに、このまま自分を殺して、好きでもない誰か何かのために生きるのって自分は幸せなのかな?
これから世の中は今のままだともっとおかしくなっていくし、いろんなものに気づく人と気づかない人が出てくる。様々な格差が広がっていく。お金と心、愛するモノ。重要なものがないまま擦り切れて殺されていく。
すべてを疑うのはもしかしたら仕方がないのかもしれない。他人から受け入れられないのは仕方がないのかもしれない。救い出そうとしている人の手も疑ってしまう世の中だからさ。でもどんなに切り離しても自分は切り離せない。だって自分を切り離すということはすべてが無くなるということだから。

就職しなくても生きれらる


今の時代、ニートだってお金は稼げる。不用品を売る。自分で作ったものを売る。少額の投資だってできる。なぜ誰かに雇ってもらう前提でいる世の中に併合する必要があったのだろう。いらないものは容易に捨てられる。それは人も同じ。捨てるほうは気にも留めないが捨てられるとつらい。だって追いすがっちゃうくらい悲しいし不安なんだもの。
でもさ。ものすごくみじめじゃない?

だったら自分で管理してスキルを上げて生きていったほうがいい。そこで人が足りなくなったら、誰かを雇えばいい。決して自分がされてきたことはしない。だって悲しいんだもの。こんな思い誰もしてほしくないじゃない。今の世界を作った上の世代の人たちとは別の道を歩みたい。ちゃんと人を大事にする人間になりたい。それは自分たちから始めるしかない。荒野を眺めていたって仕方がない。耕していかなくては。
まず自分が生きる分の生活を整える。それからお隣さんにおすそ分けをして笑い合える方がずっと幸せだよ。だからそうするんだ。人間は怖いけど、それでも協力していかなくては荒野は耕せない。独身金なし女に何ができるのかわからないけど、できることから始めます。
私のような人がいたら一緒に頑張ろう。学んだことや考え方、ここに書いていくから、できることから始めよう。
頑張るって言葉が嫌いな人もいるだろうけど、前に進むためには頑張るしかない。
だからね。

立ち上がろうよ。
私たちはもう痛みを受け入れない!
自分たちで立ち上がろう、立ち上がって傷つくのは仕方がないけど、縋りついて動けないから傷つけられる事を受け入れるなんて事を受け入れるのはやめよう。

なんて声明をしてみたりする。